鳥居をくぐって表門に入ると、静かな境内が広がっている。正面に拝殿・祝詞殿・本殿と一直線に並んでいる。
右側に社務所がある。境内左手には手水屋や土蔵がある。末社がその向こうに見える。拝殿の前には石造の
臥牛や梅樹があって、菅公ゆかりの地を思わせる。また境内には珍しい筆塚がある。古い筆を社頭に納め、
文筆の神である道真に感謝し、ますますこの道に励もうとして寄進されたものである。
 
境内の様子を動画でご覧いただけます。こちらをクリックしてください。>>>
 
  
 
 現代の菅原は、奈良市の一町名にすぎないが、平城遷都以前から存在していた古代地名である。その範囲
はかなり広域に及んでいた。『日本書紀』によれば、推古天皇十五年に菅原の池を作るとあるが、この大池は
西方の蛙股池と考えられる。また垂仁天皇の御陵が「菅原伏見東御陵」と定められ、安康天皇の御陵を
「菅原伏見西御陵」と記されている。元明天皇は平城遷都前に和銅元年九月十四日に藤原宮から「菅原」
の地に行幸され、二十一日までこの地にご滞在になり平城宮予定地をご視察になっている。その後、十一月
七日に菅原の地の民家九十軒を移転し、負郭を給わっている。おそらく平城遷都前は、佐紀の地に接する
ところまで菅原が延びていて、その辺りの民家が移されたものと考えられる。
 こうしたことから考えると、往昔の菅原は春日、佐保、率川、添などとともに、重要な土地がらであったことが
わかる。
 
 菅原寺(喜光寺) 当社南西すぐ
 霊亀元年(西暦七一五年)行基菩薩の創建にて菅原家の代寺でもある。同寺の東南院にて行基菩薩が入寂
された。聖武天皇の行幸された時、阿弥陀仏が光を放ったとされ、以来喜光寺の号を賜ったと伝えられる。
また今の金堂は大仏殿のひながたといわれる。
 
 日葉酢姫(ひわすひめ)皇后陵 菅原寺西側
 垂仁天皇の皇后 日葉酢姫が亡くなられた時、野見宿祢が土師三百余人を指揮して埴輪を作り殉死をなく
されたことで知られている。
 
  
 
続千載集
郭公しばしやすらへ菅原や伏見の里の村雨の空 定 家
万葉集 二十     
大き海のみなそこ深く思ひつゝ裳ひきならし菅原の里 石川女郎
源氏物語
菅原や伏見の里のあれしより通ひし人のあとはたゑにき      読人しらず
千載集
何となく物ぞ悲しき菅原や伏見の里の秋の夕暮 源 俊頼
新古今集
衣打つ音は枕に菅原や伏見の夢をいく夜残しつ 慈 円
古今集 雑下
いざこゝに我世は経なむ菅原や伏見の里の荒まくも惜し 読人しらず
後撰集 雑三
菅原や伏見の晩に見渡せば霞にまがふ小長谷の山  
   
  
 
  管公御装束 壱函。  天拝山祈雨御木像。  渡唐天神画像 壱幅。
  菅公御筆紺紙金泥経文片 壱葉函入。  菅公御所用御硯等あり。
このページのトップへ >>   

Copyright (C) 2007 Sugawaratenmangu. All Rights Reserved.